ブログトップ

coco mo cafe

cocomocafe.exblog.jp

美シリーズⅢ 美と年齢について

b0211100_15432116.jpg


美しさに、年齢制限はない。

孫でもおかしくない若いモデルに囲まれたカルメン

しかし、ピンと伸びた背中に、軽やかな足取り。

その美しさは、年齢を超越したものだ。

しかし、ブレない哲学を持つ彼女も、モデルの宿命とも言うべき

厳しい現実に打ちのめされた。

それは、40代を迎えた頃。仕事は、ほとんど商品カタログの撮影、

ファッション誌に登場する機会はなかった。

当時、モデルは20代で引退するのが常識だった。

しかし、カルメンは、その常識を破り、50歳でトップモデルに返り咲く。

そしてこのあと、カルメンは前人未到の

80歳トップモデルへの階段を上っていく事になる。

きっかけは、何気ないことだった。

友人と立ち寄ったカフェでのこと。雑誌『ヴォーグ』の編集者、ノーマン。

カルメンが、輝いていた時代を知る男だ。

ノーマンが何げなく口にしたこの言葉。

これが、胸に突き刺さった。

気づけば、一糸まとわぬ姿で、鏡の前に立っていた。

翌日から、ライフスタイルが激変した。

若いころから、毎朝、目覚めのコーヒーを欠かさなかったが、

カルメンはこれを一切やめ、ビタミン補給のための、レモン水に変えた。

エクササイズも始めた。だが、目指したのは若返りではない。

過度な負担をかけることはせず、

今のからだに合った運動だけを、心掛けた。

年齢に縛られず、今の自分と向き合う。

そのナチュラルな姿勢が、カルメンに、内から沸き上がる美しさを取り戻させた。

そして、一本の電話が。『ヴォーグ』の編集者、ノーマンからのオファー。

こうして、カルメンは、50歳で、30年振りに、

『ヴォーグ』の紙面を飾る。自分と向き合うことで取り戻した美しさが
b0211100_1550432.jpg

画面から滲み出ている。

そこには、かつて、表紙を飾った16歳の時と

同じ美に対するブレない心が生きている。
b0211100_15481726.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆さん、エステや、形成美容に熱心な方は多いのですが

精神の栄養を補給しようとしない人は

心が早々と、しなびて来るものだそうです。

生気に満ちた老人なるには、若い時から本を読んだりと

怠け者の秀才でなく勤勉な鈍才の方が

ずっと魅力的になっているはずです。

そして、何でも人にしてもらうのではなく

できるだけ自分で自分を保とうとする精神が

どうやら若さの秘訣なようです。

年齢に縛られず、今の自分に向き合う。。。

なんだかとても大切なことのように思います。

これから、新たに、出発する自分に

エールを頂いた

なが~~い美シリーズ3部作でした。


最後に彼女の胸に突き刺さるノーマンが言った言葉とは?

ノーマンは

「君は相変わらず美しい」

と言ったあと


「40代だなんて思えない」

と言ったのですが




この何気ない言葉が、彼女の胸につきささったそうです。




その言葉は彼女には

「40代の“割には”美しい」

と聞こえたのです。


「どうしてみんな、美しさに年齢のものさしを当てるの!?」

私も、40後半の割にはと

最近ずいぶんと耳にしている言葉なので

カルメンにヒットしたのかもしれませんねぇ~~
b0211100_18203876.jpg

かおりさんやっぱり5歳じゃなく10歳若くみえますと・・・

はなこは言ってましたっけ --:

あれ?ほめられてるのか・・・
[PR]
by cocomocafe | 2012-03-08 16:32 | イベント
<< 『冷えとりのお話会』 美シリーズⅡ カルメンデロリフ... >>