ブログトップ

coco mo cafe

cocomocafe.exblog.jp

ラッキー

こんにちはー
先日、ようやくラッキーの
爪を切りに行くことができました。
b0211100_13182863.jpg


最近、とても
考えることが、ありましたので。
ラッキーは、
うちにくる前の経路として、
長崎崩壊現場→長崎ボランティア団体
保護→ボランティア河口湖サンタ家
→一時預りボランティアさん
愛がある方々の手が入り
うちにたどり着き
ラッキーと
いう名前になって
明日でちょうど二ヶ月になります。
b0211100_13183379.jpg


先住犬のノエルも、雄なので
雄同志、いまも、毎日
取っ組み合いしてますが
b0211100_13183475.jpg

とても犬らしい、ノエルの姿をみれてます。

ノエルは、犬よりもひとが大好きなので、お客さんが来ると
しつこい程、べったりしてましたんで
それに比べて、ラッキーは、犬大好き!

ひとは、怖いので、お客さんが来ると隠れてしまいます。
b0211100_13183272.jpg


ノエルは、生まれてから、人間の手で育ち(友人)
愛を沢山受けて、ごはんも当たり前に毎日食べて来た訳です。
b0211100_1424079.jpg

その真逆にいたのが、ラッキーです。

何日か前、ラッキーの事を詳しく知りたくなって、
河口湖にあるボランティアさんの「サンタの家」のブログから
ラッキーの一番最初
長崎のボランティアさんに飛びましたら、現場の写真と、当時の様子を見る事が出来ました。

余りにもひどい現場と状態で
よく、生きてここに来たなと
熱いものが、こみ上げてきました。
三匹の犬から28頭ですよ。それが、
崩壊した家に犬だけで住んでいる
状態でした。とても信じられません。
そして、ボランティアさんの保護により全頭助かりました。

しかし、写真に写っている
ラッキーは、うーん八ヶ月くらい??
とされてましたので、計算すると
今は、大体一歳半ぐらいですよね。
生まれてすぐの子犬だったらば、
すぐに、いまに慣れるでしょうが、
ラッキーの約八ヶ月のひとの手がまったく入らない野犬状態から、

もー貴方は、いーんだよ
外だって行けるし
新鮮なお水もあるし、
ごはんも、毎日あって
争わないで食べなくていいんだよ。
貴方の分は、ちゃんとあるから。
人間は、怖くないよ。
一緒に生活しよーねって
言って暮らしています。
でもね、ノエルと比べては、だめです。ラッキーは、ラッキーの
昔と比べたら、すごい進歩をしてます。お布団で、わたしと一緒に
寝てるなんて、一年前のブログからは、想像がつかないと思います。

でも、まだ、リードは、普通に
かけれませんし、お散歩もいけませんし、触ると逃げますが
寝るときと、ご飯を食べるときは、触らせてくれます。
そして、チューもしてくれます。
が、まだ普通に抱っこもできませんが
ものすごい可愛いです。

この可愛さは、半端じゃないです。
ラッキーと名付けましたが、
名前通りです。
生きていることが
ラッキー!ですが、
それよりも、何よりも

私たちの方が、
ラッキーだったということに最近、
気づいたんです。
本当に、毎日、色々教えてくれます。

私たち人間も、過去の記憶から
いまがありますが、
いまは、いまです。
過去は、過去です。

大事なのは、いまの瞬間です。

もう昨日の記憶〜古い記憶を
手放していいんじゃないですか。
サーカスの象の話も同じです。
繋がれた記憶から
鎖は、外れているのに
外にいけないというお話しです。

又の名を、トラウマと呼びます。

本当に日々学ばさせて
もらってます。
b0211100_15394423.jpg



長くなりましたが、
犬を飼おうと考えている方が
いらっしゃいましたら、
ぜひ、こういう、団体があることを
知ってください。
ペットショップで高額で、お買いにならないでくださいね。
終わりがありません。

そして、育てながら、貴方も
育ててもらってください。
教えてもらってください。

サンタの家

長崎Life of animal
b0211100_1425376.jpg

昔、ダメダメなわたしに無償の愛を教えてくれたcocoちゃんです。
貴方も愛を教えてもらって下さいね
[PR]
by cocomocafe | 2014-01-24 12:14 | 日々
<< 春ちかし クルージングの後は >>