「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

coco mo cafe

cocomocafe.exblog.jp

カテゴリ:美我垢 migaku( 13 )

ホコリよけ

今まで、なんで気づかなかったんだろう。。

ユメゴコチさん宅で

家政婦はみた

ホコリよけ。


キャンドルを使わない時は

梱包してくれてる薄紙を

くしゅくしゅと丸めて

キャンドルに乗っけてた。

そーか。。。これで、阿蘇山噴火と火山灰からは

おさらばです。

b0211100_18484960.jpg

当然ですが冷めてから。
[PR]
by cocomocafe | 2012-03-13 18:49 | 美我垢 migaku

ベストなタイミング

先日のユメゴコチさんで

キャンドル使用のことで質問された方がいて

ひょんなことからキャンドル講座になりました。

b0211100_17105623.jpg

要するに、これが阿蘇山です。

もうこうなっちゃうと、どうにもなので

1回ビンごと、おなべの中に入れて温め、蝋を溶かし

平らにしちゃいました。
b0211100_17133254.jpg

きれーだ!
b0211100_17141548.jpg

おまけに、画伯に描いてもらったココシールまで貼ってみました♪

本当は、つけた時、蝋が山になっている方向に芯を竹串で寄せると

阿蘇山にならないそうなんですが・・・

今更、私は、へぇ~と納得すると

もう100万回私に言ってるそうで、

キャンドルさんに相当驚かれ、怒られました。


100万回いわれても聞いてないもんは、聞いてない・・・ように

うわのそら的・・聞いてるふり。。。っていうんでしょうか。


私のような例は・・別としまして


何が言いたいかと申しますと・・


「ものごとは、ベストなタイミングにやってくる」

ということです。

遅い、早いは人によるものです。

貴方にその経験が必要だったから

今になった訳です。


ということで、私にとってのキャンドルの扱い方は、

今ベストで訪れたということです。


何故ならば、キャンドルを直そうという

心の余裕、時間の余裕が出たからに違いないと

今日は、言い訳をしてみてみてみてみました。


cocowacafeでは、阿蘇山噴火のキャンドルに

おまけに灰まで乗ってるものを随分、見た人ばかりでは

ないでしょうか・・・。

b0211100_17333687.jpg

お母さんに燈してね*と キャンドルさんに戴きました。

バナナパンもありがとう::
[PR]
by cocomocafe | 2012-03-12 17:36 | 美我垢 migaku

美シリーズⅡ カルメンデロリフィチェ80歳

80歳での現役バリバリのスーパーモデル

カルメン・デロリフィチェ
b0211100_1456492.jpg

当時のアメリカではグラマラスな体が美の象徴とされていた

太平洋戦争真っ只中。

貧しい家に生まれ食生活も乏しかったカルメンは

貧しさ故の栄養不足

毎日、同級生の心ない言葉に、いつも傷つけられていた。

そんな彼女にチャンスは、突然、訪れた。

孤独なカルメンが、学校帰りに必ず寄っていたのが、本屋。

本を手に取るとつらい現実を忘れられた。

そんなある日一冊の雑誌に、目を奪われた。

『ヴォーグ』当時は少なかった、ファッション雑誌だ。

『ヴォーグ』の編集部に自分の写真を送った。

すると、とんとん拍子に、モデルデビュー。

カルメンの人生は、180度変わった。

そして、なんと、史上最年少で、『ヴォーグ』の表紙に抜擢。

これが、コンプレックスをチャンスに変えた彼女の最初の金字塔だ。

以来、カルメンは、この考えを貫き、モデルとして、成功を収めていった。
b0211100_16394793.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・


一見残酷に見える不運、苦しみによって

人は生まれ変わることができるのかも

知れない。

人はいつでも生まれ変わることができる。

絶望から希望をみつけ出すことは

決して不可能ではない。

希望は自分で作り出すものだ


曽野綾子
幸せの才能
[PR]
by cocomocafe | 2012-03-08 15:24 | 美我垢 migaku

美シリーズⅠ 永久に美しく88歳

昨日、私のブログを見ましたよ

と、coco wa cafeで大変お世話になった

おなじみ、たけちゃんママ

Mさんから

メールが来ました。


かおりさん、ブログみました。

女は歳をとると20歳は簡単に

ごまかせるようです。

この写真は、姑88歳の米寿祝いに撮った写真です。


b0211100_13122780.jpg

うううつくしい・・・。

どーやら、ご本人、遺影に使おうと思っているらしく

撮影当日、体調があまりよくなかったので

延期しましょうか?と聞くと

「明日死ぬかも知れないのよ! 絶対撮るわ!」

と撮影されたそうです。

そして、何ポーズも撮りカレンダーにポストカードにとされ・・

ご本人自らスタジオで自分の写真を

店頭に飾るもよし。HPに載せるもよしとのことで

今回私もお言葉に甘えさせて頂きました。

この歳をとった自分の姿が、みんなの希望になるでしょ

とのことです。。。あっぱれです・・。はは~(一同ひれふす)


80歳での現役バリバリのスーパーモデル

カルメンよりも、8歳上を行くMさんのお姑さま

おみそれ致しました。

女は、灰になるまで女です!!
[PR]
by cocomocafe | 2012-03-07 12:50 | 美我垢 migaku

高野山の宿坊の近くに

「高野山大師堂」という

立派な香老舗がありました。

b0211100_1464538.jpg

高野山では、ほとんどこのお店のお線香を

使用されてるそうです。

自分へのおみやげに

白檀のお香を買って来ましたので

今日焚いてみる事に
b0211100_1491525.jpg

なんとも厳粛な、上質ないい香りです。

うーん・・昔の日本家屋に漂う香りというか

着物を着た祖母を想い出し

一気に高野山に、気持ちが戻るそんな感じです。

ここのお店のお香が人気なのが納得しました。
[PR]
by cocomocafe | 2012-01-13 14:52 | 美我垢 migaku

おススメ収納

みなさん

ご存知の方も多いかと思いますが

Fellowesの収納箱

去年、cafeをオーガナイズをしてもらった時

仕分け作業に

オーガナイザーがササッと組み立てて

その後、置いていってくれたんで

その後、使ってみると・・・収納しやすいのを発見。

その後、取り寄せして

たくさん利用してます。

お部屋にダンボール置いていたら・・・なんですもんねぇ~

これなら、すっきりお洒落にシンプルに

私はキッチンに、お菓子の型を入れたり
b0211100_1541195.jpg


乾物、食品入れにも

他、ラッピング等、まるっと1箱に収納してます。
[PR]
by cocomocafe | 2011-12-18 16:28 | 美我垢 migaku

繋がっている

不思議なことに

思考と運と掃除は繋がっているもんなんだな~と

改めてユメゴコロ

オーガニャインジャーキャオリンは

思いました。

年末大掃除がすでに終了している

オーガナイザーのユメゴゴチさんの様な

プロの完璧さは、まったくありませんが

なんだか解る気がします。

その方の思考、性格、問題は部屋を見たら

解るのが不思議ですよね。

そんな私も落ちている時など

何もする気が起こらない

積もっていく積もっていく

見て見ぬふり

しかし・・・

晴れもずっとは続きませんが、雨もそう長くは続かないように

雨がやみ、陽が射して来て

やる気がふつふつと持ち上がる。

思考の整理は、部屋の整理とイコールなんだと

そこでようやく気がつく訳です。

あれもこれもだと、とっちらかってしまう

料理も一緒で

シンプルなものが返って美味しいのが

不思議です。

シンプルすぎると面白くない・・・そんなことは

まったくないと思います。その素材の味が出て

返って美味しいものです。

思考や、問題も一緒。

そんな時は、原点にもどり

まず、私は何が好きなんだっけ?から始まり

整理して行くといいかもしれないですね。

b0211100_14462739.jpg

お茶の時間ですのコーナー
[PR]
by cocomocafe | 2011-12-16 14:07 | 美我垢 migaku

自分へのプレゼント

昨日は、鈴木尚子さんのカラー診断&コラージュ講座に

行って来ました。

場所は、オーガナイザーみきさんのご自宅です。

オーガナイザーの皆様方と一緒にコラージュ
b0211100_1151272.jpg


b0211100_1174217.jpg

好きなんだな・・・こういうの作るの
b0211100_1185820.jpg

血が騒ぎます。


その後、カラー診断に、お化粧のアドバイスなどなど
b0211100_1262015.jpg


そして、みきさんのランチ
b0211100_1164642.jpg

人が作ってくれたものは、本当に美味しいです。
b0211100_1292720.jpg

そしてお茶の時間です。

b0211100_1251687.jpg

先月用事で、出れなかった私に「キャンドルみ」

熱く「いいよ!」と今までにない感じで語るので

信頼してる彼女がそこまで言うんだから

行くべきだと決めてました。

尚さんの活躍っぷりはブログで知っていましたが

実際会ってお話してみたいなと思っていました。

素晴らしい方でした。

その人が、どうすれば輝くか

小気味よく、手際よく、感性が動き

人をチェンジして行く

受け手側と言えば

今までにない発見、喜びの顔、

見てて面白かったです。

皆がプラスに変わって行く。これこそがライフオーガナイズなんだと

妙に納得してしまいました。

そして、自分のカラー診断の結果

自分の似合う色、似合わない色が

間違ってなかったんだなーと

よかった。。今までたくさん散在して来た甲斐があって・・・。

尚さん

そして、楽しい時間をご一緒した皆さま方

みきさん

本当にありがとうございました。

よい誕生日となりました。
[PR]
by cocomocafe | 2011-07-28 02:16 | 美我垢 migaku

チェンジする時は風が吹く

coco wa cafeを開いた理由は

入院中、お見舞いに来てくれた人に

本当にここの場所にはcafeがない

お茶も飲む場所がないよと言われ

そうなんだ・・・と退院後

通院。南砂町の 高等高齢者 順天堂病院

まったくその頃は何もなく

(今は、スタバもできた)

じゃーやろうかなで物件を探す間もなく

あそこに行き着く訳です。

何が理由ではじめるのか

閉めるのか。

案外とひょんな事からのきっかけですが

すべてに意味があると私は思います。

閉めるきっかけも

インフルエンザの最後は自分の弱い部分、

3年間一度も出なかった喘息になり

そこに考える時間が与えられました。

そんな時、ふと見た友人のブログで

幸せとは何だと思いますか?

というタイトルで

毎日がふわふわで温かくてユメゴゴチな感じという

友人・・・。

ふわふわか・・ふわふわね・・ふわふわしてないじゃんよ

(訂正)無理してなくてユメゴコチな感じでした^^


(1月31日のブログだから・・

やめると決めるまで・・日にちないなー

それまでやる気満々で2月1日には、雑貨ショーにいけないので

きらちゃんに山程、お箸買って来てと頼んでます)

いったい私がしあわせって思えるのって何だろう・・

そんなの忙しいから無理じゃなくて

忙しいからこそ返ってふわふわ感は、より味わえるって

ものですし。

死ぬほど頑張っても

自分が自分でいられないのならば

チェンジしていく

いつでも、どこでも、何度でも

変われない状況ならば

まだ動いてはいけない時と、

そこでまだ学ぶべきことがあるから

だと思います。



人はひとりではなく、私にも貴方にも、

たくさんのDNAが流れてます。

見えないだけで相当、皆さん守られて来てると思います。




そして、

幸せは、誰かに与えてもらうのではなくて

自分でつくるもので、

気づくこと

また、人に与えるものではないかと

私は思います。

こんな偉そうな事をたくさん書いてますが

皆さんご存知の方も多いと思います・・が

へたれです。

なので、今までいっぱいの人に助けてもらって来ました。

もう!かんべんしてよ!!と

年下の友人からも言われます。。もーパン自分家で焼いてなさい

とも言われてマスマス。

どこでもドアの

ここもかふぇで

今日もお茶煎れてます。

b0211100_16142541.jpg

それでは、みなさんよい週末を*

追伸
b0211100_18371755.jpg


うちのマルモ今回のcutいけてます。

ちなもに私より高いです・・トホほ
[PR]
by cocomocafe | 2011-06-17 16:15 | 美我垢 migaku

トイレを開けたらそこは便器・・ではなく

先日のトイレ掃除から

実は話が繋がっております。

ある日トイレを開けるとそこは
b0211100_14583866.jpg

天国に繋がる大森林と書きましたが


ある日、夢でもうすでに他界している祖母が

言った言葉は

「貴方がだめになったら、私が助けるから」という
b0211100_14593438.jpg

はっきりしたものでした。

余りにも夢にしては、夢じゃないので鮮明に覚えていました。

数日後

あるきっかけで仲良くして頂いた方に

「お前のおばあさんてこんな人?」

と突然聞かれ、

「そうだけど・・・何か?」

「お前がだめになった時、変わりになるって言ってるぞ」

どこかで聞いたフレーズ。。。

その人は、霊能者でもなければ

普通の会社・・でもないが

大手企業と共にある時期、不動産を大きく動かしてた人だった。

その人の口から出たから私は驚いた。

その人に、そんな能力があるなんて

露知らず。

誰も知らないらしく、小さい頃からだったので

いつのまにか、オフできるようになったらしい。

けれど・・私はたまげました。

そして、それはどーいうことなのかと聞くと、

「お前が窮地に立つらしい。病気かな?とにかく助けるっ

てよ」


と言われ。。。なんだろうと思ってはいたけれど

日々の忙しさから、忘れていきました。

その調度一年後私は、倒れました。

その日もいつもの何も変わらない一日でした。

地震のように突然悲劇はやってくるものです。
[PR]
by cocomocafe | 2011-06-17 15:04 | 美我垢 migaku