「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

coco mo cafe

cocomocafe.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

好きこそものの・・・

こんにちは

本当にお久しぶりです。

今日は、ものすごい熱帯日ですねぇ。

夏休みも終え

皆様いかがお過ごしでしょうか。

子供たちも楽しい夏休みは終えたかな?

今日は、ある方のお話をひとつ。

受験をひかえた、お子さんの話です。

ひょんなことから、勉強を教えて頂く方に出会ったそうです。

それも、巡り合いなので、その子は、その人に巡りあう

タイミングだったのでしょう。

では、私が聞いて・・何が素晴らしいかと言いますと

その教えている方は、たぶん小さいときから

勉強が好きで、好きで、

好きが嵩じて、仕事となり、

知らぬ間に、好きが嵩じて出世をし

知らぬ間に、叩かれ、奈落の底に突き落とされ

しかし好きなことで助けられ

好きなことを再認識する。

そして、そんな人を周りがほっとくわけがないと。


私は、小さいときから、勉強が大嫌いだったひとりです。

なんでだろう・・・と考えると

単刀直入・・・嫌いだったからです。

ここで話を戻すと

その方の教え方の何が素晴らしいかというとですね・・・。

その子に興味を持たせる教え方をさせている訳で

例えば、歴史で言えば・・・

いい国作ろう鎌倉幕府・・・1192年!今は1185年だそうで・・。

丸暗記的な・・・覚え方イコーる 試験に出るからいいんじゃん

ではなく・・・まさにわたし。。

この方は・・・歴史上の人物、そして、事実とは、なぜ違うんだろうと

その子に興味をそそらせる。関心を持たせる教え方を知っているので

アールRRRのです。

目の前の受験が、受かる受からないは、別として

私は、これからのこの子の成長を楽しみにしているひとりです。むふふふ。

そして、ある本から

面白いものを見つけました

「親の因果が子に報い」のお話です。

ママの言う事にも耳を貸さず散らかし放題の娘さんに

散らかすのもいい加減にして、ひらがなの勉強でもしなさい!!」

「しまった!!」

その言葉の裏側に見える

勉強を楽しむものではなく、遊びを我慢してやらなくては

いけない義務や責任

まさにネガティブフィルターそのものを発信していたと気づいたのでした。

親から子へと、知らないうちに受け継がれてしまった

「ファミリーカルマ(家庭の習性)」
もし親として勉強をして欲しいと思うなら

勉強をおしつけるのではなく

どうやったら、この子が勉強したくなるか

関心を持たせることができるか。

「子は親の鏡」

だそうで・・・だそうで・・・だそうです。

夏休み宿題終わったかー!

歯磨いたかー!

全員集合!!

b0211100_15381631.jpg

好きなものは好き。
[PR]
by cocomocafe | 2012-08-30 15:31 | ことだま

ベランダ

誕生日にもらった

ハイランジア スターライン マース

という紫陽花。

b0211100_15313275.jpg

以前はウンベラータが入っていた大振りの鉢にすぐに

植え替えてみました。

が、来年に向けて剪定。
b0211100_15403781.jpg


アナベルも剪定したところから新芽がニョキニョキ現れて

緑のちからを毎日感じています。

こんなに、暑いのに・・・みんな頑張ってるなー

昨日は、恵みの雨のベランダ掃除大作戦も遂行し

b0211100_15432929.jpg

気持ちよく1日を過ごすことが出来ました。

今日は、日頃の暑さに逆戻り

ベランダには、暑くて出れませーん。。。
[PR]
by cocomocafe | 2012-08-07 15:49 | my Garden

置かれた場所で咲きなさい

ご無沙汰しています。

しかし今年の夏も暑いですね。

あの、灼熱の厨房から早2年が経ちます。

時間が経つのは早いものですね。

先週は、楽しい花火大会や、
b0211100_14233019.jpg

BDサプライズや
b0211100_14223510.jpg

楽しいこと満載の中、

自分の課題も大きく圧し掛かって来ていました。

な、もので、いろんなことにぶつかりながらも

友に励まされたり、励ましあったりで

どーにか、出口に近づけたと自分で思います。

そんな時、たまたま出くわした「ことだま」がありましたので

ご紹介致します。




置かれた場に

不平不満を持ち、

他人の出方で

幸せになったり

不幸せになったりしては、

私は環境の奴隷でしかない。

人間と生まれたからには、

どんなところに置かれても、

そこで環境の主人となり

自分の花を咲かせようと

決心すること。

「置かれた場所で咲きなさい」渡辺和子



できれば、
自分の置かれた場所に
感謝すること。

その場所で
自分に出来るベストを
尽くすこと。

それをやり遂げたのなら、
いかなる結果も受け入れること。

そういうことができたら、
きっと幸せとは、そういうことなのだろう。

でも、私たちは、
欲張ってしまうことが多い。


渡辺和子さんは、
こんなことも言っています。

「大きなことを成し遂げるために、
 力を与えてほしいと、神に求めたのに、
 謙遜を学ぶようにと、弱さを授かった。

 より偉大なことができるようにと、
 健康を求めたのに、
 より良きことができるようにと、
 病弱を与えられた。

 幸せになろうとして、富を求めたのに、
 賢明であるようにと、貧苦を授かった。

 世の人々の賞賛を得ようとして、
 成功を求めたのに、
 得意にならないようにと、
 失敗を授かった。

 人生を享受しようと、
 あらゆるものを求めたのに、
 あらゆることを喜べるようにと、
 生命を授かった。

 求めたものは一つとして
 与えられなかったが、
 願いはすべて聞き届けられた。

 神の意にそわぬ者で
 あるにもかかわらず、
 心の中で言い表せないものは、
 すべて叶えられた。

 私はあらゆる人の中で、
 もっとも豊かに祝福されたのだ。」



  渡辺和子 Wikipedia

9歳の時に二・二六事件でわずか1mのところで父親が48発の銃弾に倒れるのを

目のあたりにし、大変な衝撃を受ける。

18歳でキリスト教の洗礼を受け、聖心女子大学から上智大学大学院修了。
29歳でナミュール・ノートルダム修道女会に入会。

アメリカへ留学し、ボストンカレッジ大学院で博士号を取得したのち、

36歳という異例の若さで岡山県のノートルダム清心女子大学の学長に就任。
長年にわたり教壇に立ち、学生の心を支え指導する。
[PR]
by cocomocafe | 2012-08-02 14:16 | ことだま